« 「ワン・ワールド・フェスティバル」にブース出展 2008年2月2日~3日※終了 | メイン | 春のイベント 総会とフィリピンチャイルド訪問のお話を聞いて手紙を書こう 5月18日(日)※終了 »

「ワン・ワールド・フェスティバル」にブース出展 2008年2月2日~3日

内容 「ワン・ワールド・フェスティバル」参加
日時: 2008年2月2日(土)3日(日)
場所: 財団法人 大阪国際交流センター

冬恒例、「ワン・ワールド・フェスティバル」に参加しました。今年もプラン・ジャパンとお隣で共同して行いました。

今年は雨模様でしかもとても寒い中、早速準備が始まりました。
今回からブースのサイズが変更になったので、改めてレイアウトの変更、調整しながらすすめます。
会場の設営はこんな感じです。
01.jpg02.jpg

こちらがなにわ交流会のブースです。お手紙がチャイルドに届くまでの流れを説明し、私達チャイルドのお手紙を展示しました。
03.jpg

こちらが、プラン・ジャパンのブース。チャイルドの写真が貼られたパネルを手作りしてくださったそうです。
そしてプランを説明するための各種資料が配布されています。
04.jpg
06.jpg

当日は、寒空にもかかわらず今回の来場者数は2日間で13,500人(1日目7,500人、2日目6,000人)。当ブースにもたくさんの方が来場していただきました。「私もスポンサーなんですよ」と声をかけていただくと、本当に盛り上がります。
07.jpg

また、当日の会場では様々なイベントが実施されています。
ベトナムのチャイルドをもつ世話人は「JAICA研修員を探せ!」 と言う催しに参加。これは、会場内を歩いているJICA研修員を探し、挨拶をし、サインをもらって交流し、6人以上の研修員からサインをもらうと、賞品がもらえるというものです。そのJICA研修員の中に、何と、チャイルドの国、ベトナムの人がいて、お話することができました。
「シンチャオ」と、いつも手紙のはじめに書いている言葉で挨拶をし、あなたの国にチャイルドがいることを伝え、手紙を見てもらいました。そして、チャイルドが将来ドクターになりたがっているが、教育制度(奨学金)はどうなっているのか、環境や、気候などはどうか、など、色々と話をすることができたそうです。

他にも地雷撤去の実演、クリニクラウンなど多種多様な活動の紹介されています。こちらは地雷撤去の様子。
05.jpg

異文化交流の一環で、「韓国茶道の体験」があり、体験してきました。
08.jpg
日本の茶道と作法は一見似ているように見えるのですが、作法は違っており、歴史的背景も踏まえてとても勉強になりました。
お抹茶美味しかったです。

今回も会員の方多数にボランティアとしてお手伝いいただきました。ご協力ありがとうございました。

活動報告の記事

Copyright(c) 2007 Plan Naniwa Society